ふれあい日記blog page

研修報告

2010-09-22 (Wed) 08:25
職員研修参加の内容を紹介します。


日時:平成22年7月15日(木)~平成22年7月16日(金)

場所:佐賀市文化会館(1日目) マリトピア(2日目)

主催:第9研究部会

内容:暮らしを支えるグループホーム・小規模多機能型施設


所感:
  私はこの2日間の研修で、介護に携わる他県の方々の取り組み
( 研究発表)などを聞いて、利用者様がいて仕事が成り立っているということ、職員の意識が変われば職場もより良いものになり、その分利用者様に還元できることを改めて学んだ。
 私達介護者は、質を高めるために、自分達の考え思いを初心に戻し、利用者様の目線で介護を行うことが大切だと感じた。又、利用者様とゆっくり話をしたり、関わりを持つ時間を増やし、信頼関係を築くことの大切さ、重要性も感じた。そのことにより、認知症の症状の1つ、問題行動が少なくなり、穏やかに、その人らしい生活が送れるようになるのではないかと感じた。
利用者様が穏やかに楽しい日常生活を送るためには、何が必要なのかということを常に念頭におき、これからの介護に携わっていきたい。
又、認知症高齢者の方は、地域が取りまく環境が大切であるため、個々の施設だけでなく地域との連携を密にしていくことが重要だと考える。私も、何か出来る事をみつけ、安心して高齢者の住みよい街を創るために、貢献できたらと思う。

グループホーム  介護職  倉地 沙祈

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


ページ最上部へ