ふれあい日記blog page

もぐら打ち

2013-01-24 (Thu) 17:27
もぐら打ち
もぐら打ちとは、竹に巻いた藁などで、家先や田畑の地面を叩いてまわる、九州地方に伝わる伝統行事です。
もぐら元来、田畑を荒らすもぐらの害を防ぐために行われていた作業が、五穀豊穣や家内安全を祈る儀式に変わったものです。
 毎年1月の小正月(多くは1月14日)頃に九州各地で行われています。


    きらく荘でも、1月14日にもぐら打ちを行いました。
   利用者様も、職員も、楽しそうに地面を叩いていましたよ。

  もぐら2もぐら打ち

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


ページ最上部へ