南陵・十文字地域包括支援センターbackup

南陵・十文字地域包括支援センター

名称
点線
必要な情報・サービスや制度を紹介しながら、高齢者の自立した在宅生活を支援します。 高齢者のみの世帯を中心に家庭訪問を行います。お元気なうちちから関わりを持つことで、支援が必要になったときに速やかに援助できるように努めます。
 

業務内容

H.29職員写真

南陵・十文字地域包括支援センターは、平成28年(2016年)4月より、朝倉市の委託を受けて開設しました。

地域に密着したサービスを提供していけるよう頑張ります
よろしくお願いします。





相談内容
◎地域包括支援センターは、地域住民すべての心身の健康の維持、生活の安定、保健・福祉・医療の向上と増進のために必要な援助、支援を包括的に担う地域の相談窓口です。
 
◎地域包括支援センターの業務
1.主任ケアマネージャー、社会福祉士、保健師等が互いに連携をとりながら「チーム」として総合的に高齢者のみなさまの支援を行います。
 
2.要介護認定で要支援1・2と認定された人への介護予防ケアプランを作成します。
 
3.介護に関する相談や心配ごとや、健康や福祉、医療や生活に関すること、自立支援配食、緊急通報システムなど様々な相談を受付けます。
 
4.高齢者のみなさんの権利を守ります。成年後見制度や、消費者被害、虐待の防止・早期発見などの対応を行います。
 
5.地域のケアマネージャーの支援や、安心して暮らすことができる地域を目指して、さまざまな機関とのネットワークの構築を図ります。
 
6.介護予防のための訪問活動を行います。
 
 
◎相談窓口(事務所は、きらく荘内です)
担当地域 朝倉市(馬田・福田・蜷城・金川・三奈木・美奈宜の杜・高木)

 営業日  月曜日~金曜日(祝日・休日、12月29日~1月3日を除く)
 営業時間 9:00~17:15
      ※上記の以外での対応可能です。
 職員が外出中などの時はきらく荘職員が電話対応させていただく場合があります。
 その場合は担当からご連絡させていただきます。

※ 秋月・甘木地域包括支援センターと比良松・杷木地域包括支援センターの3つの地域包括支援センターで朝倉市内を支援していきます。
 

 
ページ最上部へ