個人情報保護方針Personal Information

個人情報について

平成18年4月より個人情報保護法が施行されました。当施設では、その法の施行に基づき利用者様の個人情報を適正に取り扱うことは、介護サービスに携わる者の重大な責務であると考え、個人情報に関する適切性の確保を、施設全体の重要課題と捉えて取り組んでおります。
このような背景から、個人情報の取扱いについて次のような体制で取り組んでいきます。

  1. 個人情報保護法、規範の遵守
    業務上で個人情報保護に関する法及び行政機関等が定めた個人情報保護に関する法・規範・ガイドライン等を遵守します。
     
  2. 個人情報保護施策の強化
    個人情報が分散した形で蓄積利用される可能性を排除し、適切な個人情報の収集、利用及び提供行われる体勢整備の向上を図るとともに、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えいの予防に努め、万一の問題発生時には速やかな是正対策を実施します。
      
  3. 個人情報保護に関する意思統一の徹底
    個人情報の取扱いに関する規程を作成し、従事者に周知徹底します。また、取引先等に対しても適切に個人情報を取り扱うよう要請します。
     
  4. 個人情報の利用目的
    個人情報を別記の目的利用させて頂く事がございます。これら以外の目的で利用させて頂く必要が生じた場合には、改めて利用者様からの同意を頂くことにして参ります。

                           
                          社会福祉法人 宏志会  理事長 梶原 勝子

個人情報の利用目的

 社会福祉法人 宏志会では、個人情報保護法及び利用者の権利と尊厳を守り安全管理に配慮する「個人情報に関する基本方針」の下、ここに利用者の個人情報の「利用目的」を公表します。

 『利用者への介護サービスの提供に必要な利用目的』
1.施設内部での利用目的
 (1) 施設が利用者等に提供する介護サービス
 (2) 介護保険事務
 (3) 介護サービスの利用にかかる施設の管理運営業務のうち次のもの
    ・ 入退所等の管理
    ・ 会計、経理
    ・ 介護事故、緊急時等の報告
    ・ 当該利用者の介護・医療サービスの向上
2.他の介護事業者等への情報提供を伴う利用目的
 (1) 施設が利用者等に提供する介護サービスのうち
    ・ 利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者や居宅介護支援事業所等との連携(サービス担当者会議等)、照会への回答
    ・ その他の業務委託
    ・ 利用者の診療等に当たり、外部の医師の意見、助言を求める場合
    ・ 家族等への心身の状況説明
 (2) 介護保険事務のうち
    ・ 保険事務の委託(一部委託を含む)
    ・ 審査支払機関へのレセプトの提出
    ・ 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
 (3) 損害賠償保険などに係る保険会社等への相談又は届出当

 『上記以外の利用目的』
1.施設内部での利用に係る利用目的
 (1) 施設の管理運営業務のうち次のもの
    ・ 介護サービスや業務の維持・改善の基礎資料
    ・ 施設等において行われる学生等の実習への協力
    ・ 施設において行われる事例研究等
2.他の事業者等への情報提供に係る利用目的
 (1) 施設の管理運営業務のうち
    ・ 外部監査機関、評価機関等への情報提供

なお、あらかじめ利用者本人の同意を得ないで、利用目的の必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことは致しません。    

    
                                   社会福祉法人   宏志会

                                   介護老人福祉施設  きらく荘
ページ最上部へ